植田尚樹のブログってる場合か?

アクセスカウンタ

zoom RSS 十二処泉(じゅうにしょせん)外ライブの報告!

<<   作成日時 : 2013/09/28 04:57   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

9/1、9/16、と十二処泉のライブを行いました。
外ライブというのは、サウンドステーション以外の場所へ出かけて行ってやるライブのことです。

そんなの普通のライブやん?と思うかもしれませんが、サウンドステーションという自分のハコを持つ僕にとっては、家でやるライブと、それ以外でやるライブとでは色んな意味で全く別物なのです。

十二処泉は去年の12月結成以来、マンスリーセッション(12月〜8月)や、関将とのジョイントライブ(4月)を含め、まだ家ライブしかやったことがない、いわゆる箱入りのユニットでした。

そんな箱入りユニットが初めて家を出て、勝手分からぬ世間の風に晒される!ってのはもうどうなるのか?期待と不安で、まるで初ライブをやるような気分でした。

自分や相方のテンション(体調、メンタル)、音響(会場の音響設備、持ち込み機材の具合)、ステージの様子(集客、観客の雰囲気、演奏の完成度)など心配し出すとキリがありません。

どの道、それら全ては予想できない現場処理になってしまうので、考えても意味ないんですけどね!

今回の2本は、いわゆる誰でも鑑賞出来る無料イベントライブで、こういう類のステージに立つこと自体10年ぶリぐらいで、しかもどちらもノーギャラ!
正真正銘の無料ライブ!!ってやつでした!


先ず、9/1(日)コミュニティはりまライブ!!の報告です。

画像


ココは元々結婚式場だったところが、数年前から経営者が代わって葬儀場になり、その運営をしている楠田君(高校時代の音楽サークルの後輩)からの出演依頼でした。

要するに、周辺地域の住民(老人?)に葬儀場をアピールする為の、客寄せイベントです。

画像


屋外駐車場で屋台や出店が立ち並ぶ予定だったそうですが、あいにくの雨で、屋根のある通路で焼きそばを焼いたり、葬儀場のロビーで金魚すくいとかやってたそうです。

ホテルの一室のような専用控え室も用意されていて、出店の食券ももらいましたが、残念ながら昼間のイベント、寝起きで、本番ギリギリ会場入りした僕は結局何も食べず、何も見ていません。

演奏をしたのは葬儀場ではなく、結婚式場だった頃の名残があるチャペルです。

画像


このチャペルは、以前下見をしに来た時、ステージの奥行が狭く残響もかなり多いので、バンド演奏は全くやる気がしないけど、アコースティックライブなら1度はやってみたいな?と思ったので、十二処泉初外ライブとしてこのイベントに参加することにしたのです。

普段はココで定期的にカラオケ大会をやってるらしく、カラオケ設備も充実していたので、下見ついでについ調子に乗ってKOZIMAの曲を2曲も歌ってしまいました。
カラオケなんてするのは21年ぶりでした!

ライブ終盤、最前列に座っている爺さんに普通に話しかけられてちょっと困惑してしまいましたが、それもローカルイベントライブならではの初体験!まぁ良しとしておきましょう。

30分(5曲)程度の演奏なんてリハーサルをやってるようなもんで、ホントあっという間に終わってしまいます。

画像


終わってからようやく目が覚めて元気が出て来たって感じでしたが、『十二処泉初外ライブ!』想像してた以上に楽しめました。

何が良かったって?
それは佐々木ゆか(Vo)の天性のサービス精神?とでもいうか、プロ根性?とでもいうか、芸人魂?とでもいうか、初っ端は緊張気味で多少硬さもあったのですが、2曲演奏し終わったぐらいからすっかりあの場(雰囲気)に溶け込んで、笑顔でトークも快調!一緒に演奏してる僕に対する配慮も十分とこなし、心からこのステージを楽しんで歌ってる様子でした。

画像


凄いな?この子は!!

この子と一緒だったら、どんな場末の飲み屋のステージでも、どんな態度の悪い客の前でも良い気分で演奏出来てしまうかも知れない!

一緒に演奏しながらも、なんというか?僕は彼女に応援されてるような、守ってもらってるような、楽しませてもらってるような、何か大切なモノ?を思い出させてもらってるような、そんな気分にさせる明るさや謙虚さ(初々しさ)、度胸と包容力を持ったアーチストです。

画像


風楽や、他のユニットだったらこうは行きません!
こんなトコで演奏するんじゃなかった!何だこの音響は!何だこの客共は!もっとちゃんと聴けよ!と後味悪くテンションがダダ下がりになってしまっていたことでしょう。

ありがとう!佐々木ゆかさん!君のお陰で僕は楽しく演奏することが出来ました!
ライブが終わって、僕が思った素直な気持ちです。

個人的な反省点としては、ハコの残響のせいか?ギターの音が少々ハウり気味だったことです。
今後も色んな場所でぶっつけ本番的に演奏する機会があることを考えると、直ぐに現場対応出来る術を身に付けておかなきゃなぁー!


次に9/16(月)姫路ドリームフェスタ野外ライブの報告です

このイベントは、4月に僕が制作したCD『ILoveYou&INeedYouひめじし』の姫路東北人会さんから、9/15、9/16の2日間のイベントの最後の出しモノです!ライブの内容は十二処泉さんの好きにやってもらって構わないので、最後にこの曲を演奏してください!ってことで出演依頼がきました。




ドリームフェスタ出演はノーギャラだったのですが、同時に来年の成人式での演奏依頼(相応のギャラ有り)もあったので、無下には断れず、出演することにしました。

イベントの規模も出店が80ブースって言ってたから、コミュニティはりまのイベントに比べたら数倍大きいです。

野外ライブに出るなんて10年ぶりでした。

滅多にない野外ライブなんで、この機会に十二処泉のバリエーションとしてデュオではなく、バンド形態によるライブを一度試してみようと思ったのです。

そこでベースチャー坊に、ドラム葛西君にお願いしました。
このリズム隊で演るのは、1998年にスタジオをオープンした時のお披露目ライブ以来で、実に15年ぶりでした。

画像


考えてみれば、バンドで野外ステージに立つこと自体、KOZIMA以来、なんと20年ぶりでした。

このイベントも台風の影響で強風大雨となり、初日(15日)は本当に大変だったみたいです。

15日、東京から来るチャー坊を姫路駅に迎えに行った帰りに現場近くを車で通ってみたのですが、大雨の中、遠くからアマチュアバンドの演奏が聞こえてきて、チャー坊が思わず”何だ!この強烈な場末感は!!あーっ猛烈に切なくなってきたー、俺は一体どこまで来たんだ!”と叫び出しました(笑)

持ち込み機材の心配(壊れる)があったので、雨だったら出演を辞退させていただきます!と前夜のうちに姫路東北人会さんに伝えました。

明けて16日は、昨日までの台風が嘘のような良い天気に恵まれました!いやー良かった!良かった!

画像


ところが現場入りしてビックリ!

ステージの屋根は風で吹っ飛び、メインPAスピーカーも全てブッ壊れて、急遽用意されたらしい小イベント用のPA(モニター無し)が端っこにセットしてあるだけ!

マジかぁ?

着いて直ぐにPA担当者と打ち合わせをしてくださいと言われた。

どこのPA会社か知らんが、舞台袖のテント(この場所は普通モニターやろ?)で、今行われているダンスショーの卓(10chぐらい?)をイジってる若い女(こいつがチーフか?)が、おもむろに傲慢な口調で、”こういう状況なんで、モニターはありません!ボーカルマイク(ワイヤレス3本)以外は全て生音でやってもらいます!”って言い放った!

ええーっ!!ちょっと待ってよ、そんなの聞いてないよー!
野外のバンドライブで生音??モニター無し??高校の文化祭より酷いやん?有り得んでしょ?
もう頭が痛くなってきた。

どんな状況でも演奏は出来る!しかし、公衆の面前で十二処泉のマイナスプロモーションになるようなライブをやるのはいかがなものか?

観客は音響の状況など何も分からないから、良くないと感じることは全て演奏者のせいになるのである。

ちょっと皆と相談してきます!と言って不機嫌そうにメンバーが待つ車へ一旦戻った。

まいったな!それで皆さんはどうする?

え?ま、仕方ねえんじゃないの?・・・おいおい!オレの話ちゃんと聞いてたか?・・・ん?それで何だっけ?マイクはワイヤレスってか?・・・ダメだこりゃ!(^_^;)

一服しながらしばらく一人で考えてみた。

こちらには佐々木ゆか(メインVo用)の持ち込みマイクが1本あるからそれを使うとして・・・
ベースはラインで取れるはず。
なら、ワイヤレスマイクでキックとスネアを拾って、残りの1本は自分のコーラス用に使ってギターはアンプのパワーが大きいから生音でもイケるかも?

この要望が通らなかったら、出るのはもう止めよう!そう決めてもう一度テントへ向かった。

さっきの一方的なな態度を後悔したのか?険悪な雰囲気になったのを反省したのか?それとも主催者の誰かに脅されたのか?どういう訳かPA担当者の対応が少し良くなっていて、それでしたらマイクは数本あるのでキック、スネアはこちらのマイクで、メインVoは持ち込みマイク、ワイヤレス2本はそのままコーラス用に、残りの1本はギターアンプ用に、ベースはDIで、計7chですから大丈夫です!と言われた。

なんじゃそりゃー?、だったら最初からそういう態度で臨まんかい!ナメやがって!全く!

田舎のぶっつけ本番イベントでは、こういうナメた態度をして来る輩が多い!
サウンドチェックもリハーサルもなく、次から次へと出しモノが変わっていくやっつけ仕事なもんだから、PAもかなりテンパっていて、どの道相手は素人と思って、なるべくセッティングを変えないで楽しようとするのである!

やると決まったからには、後はもうPA任せで最善をつくすしかない。

メインスピーカーがモニターを兼ねていた為、ステージ両はしの一番奥に設置してあったので、歌が凄く遠く小さく聞こえた。

可哀想に!佐々木ゆかはこんなモニター状況でよく歌が歌えるな?

画像


3曲目ぐらいからやっと全体の音のバランスが良く聞こえてきたので、最初の2曲はほぼPAレベル調整のための捨て曲になっっちゃったかな?

画像


演奏し始めた頃は西日がやけに眩しくてちょっとイライラしたが、4曲目のバラードあたりで陽も陰り、涼しい風が身体に当たって心地よかった。

画像


日が落ちて、アレっ?ちょっと照明暗くないか?メンバーの顔が見えにくくてやりづらいな!と思いながらもライブは無事終了!

画像


画像


一旦はけて、東北人会震災ボランティアの挨拶があり、再び呼び込まれてこのイベントのフィナーレである『ILoveYou&INeedYouひめじし』を演奏しました。

演奏に合わせてステージの下でダンサーが踊ると聞いてたので、てっきりスクールメイツみたいなのが出てくるのかな?と思いきや!・・・まさか盆踊り風?の御婦人様団体とは予想だにしなかった。

画像


衝撃的な光景に眼を奪われ、しばらくの間演奏どころではなかった!

曲の途中で、ステージの下手から青いTシャツを着たイベントの主要スタッフ軍団が乱入して来て、ステージ上はもう満杯!!

画像


後方にいる葛西君(ドラマー)は完全に人の壁で埋もれちゃってるし、上手のチャー坊(ベース)も覗き込まなきゃよく見えないが、何となく十二処泉本編ライブより楽しそうに演奏してるような感じがする。

画像


アンプの前に人がズラリと並んでるもんだから音がこもってメチャやりづらい!

かろうじて見える佐々木ゆか(Vo)は、もうこの踊りの軍団に同化して完全にイッちゃってるー!

画像


オレは一体どうすればいいんだ?どんな顔して演奏すればいいんだ?
初めて体験するこの凄い状況に戸惑いを隠しきれず、自分が今演奏していることさえ忘れて、虚ろな目で遠くを見つめていた。

画像


・・・・なんかよう分からんが、全てが終わったあと、このイベントに出て良かったような気だけはした。

皆さん!色んな経験をさせてくれてありがとうございました。

画像


Naoki

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
十二処泉(じゅうにしょせん)ファーストミニアルバム発売、配信中!!
月日が経つのは早いもので、ブログ更新もかれこれ10ヶ月ぶりになってしまった。 これまでの日々の報告はFacebook、もしくは http://fblog.jp/100000241176601 を見てください。 ...続きを見る
植田尚樹のブログってる場合か?
2014/08/28 03:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
十二処泉(じゅうにしょせん)外ライブの報告! 植田尚樹のブログってる場合か?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる