植田尚樹のブログってる場合か?

アクセスカウンタ

zoom RSS 地獄の、2階リフォーム!!

<<   作成日時 : 2011/05/18 03:59   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

もう30年ぐらい居ただろうか?。
家のビルの2階の店舗に入ってた、○○商店が4月いっぱいで出た。

震災の影響で資材が入って来なくなってしまい、受注はあっても仕事が出来なくなってしまったらしい。
わしももう歳やし、これからは自宅で細々と営るわってことで、出ることにしたらしい。

引越しの際、サウンドステーションのネオンを2文字壊されて、このオヤジと一悶着あったのだが、円満和解して今日見たらネオンが直っていた。

そんな訳で、家のビルは現在2階の東側店舗が空き家になっている。
まぁオレには関係ないな!とタカをくくっていたんだが・・・・。

先日すごい権幕でお母んがやって来て、”アンタここんトコ家賃滞納してるけど、どないなっとんのよー!、私もう大変なんやから!”ってまた金の話かい?。


家賃払えんのやったら、肉体で払ってもらうしかないな!”って紙を突きつけられた。


●2階の修繕●

1、壁を白く吹き付ける

2、北側の壁を白い壁紙にする

3、窓のふちを黒く塗る

4、階段の掃除をして、手すりを取り付ける

5、アクエアリーズ(兄の英語事務所)の粗大ゴミを出す

7、屋上を綺麗にする

8、樋の砂をとる

9、除草剤を撒いてビル西側の雑草を除去する


以上、今月中に行うこと!。
日当は家賃に充当する。

そもそも私の発想からして、同じ敷地内に住む親に家賃を払う(息子に家賃を貰う)なんて感覚はなかったのだが、親父の遺言で、お母んが死ぬまでお母んに家賃を払え!ってことで、もうかれこれ15年間も私の生活を脅かし続けているのである。

”家賃ぐらいナンボでもくれてやらー!これがそんなに欲しいんかい!と叫んで、福沢諭吉の札束でお母んの顔に往復ビンタを食らわしてやりたいところだが、近頃全く金がない!。

家のビルと言っても、誰のものでもないお母ん一人のモノ(法的には違うが)である。
この歳にして、未だお母んの金奴隷なのである。

翌日、渋々リフォームに取りかかった。
まずは、1、壁を白く吹き付ける作業からだ。

吹きつけとは書いてあるが、要するに壁の塗装をすれば良いわけで、ペンキ塗りにしようか?吹きつけにしようか?迷ったが、やったことがない吹きつけ塗装にしてみることにした。

吹きつけって言っても業者みたいに機械があるわけじゃない。
手動ラッカースプレー吹きつけだ。

ちょっとやってすぐに後悔した。
手動ってことを完全にナメていた。

そもそも、スプレーであんな広い面積の壁を塗装するなんて無謀過ぎた。
5本ぐらいスプレーを使い切ったところで、もう指に力が入らなくなって スプレーが上手く押せない。

壁全部を塗装するには、2度塗りで30本ぐらいのスプレーを吹き付ける必要がある。
全くダメやん?、でももう引き返せない!、どないしたらエエねん!。

なんて非力な指なんだろう?と我ながら情けなくなり、しばらく呆然とした。

気を取り直し、根性で1回塗り分(15本)を吹き付けたところで全く指に力が入らなくなってリタイヤした。
もうスプレーすら持つことが出来ない。

その日の晩飯では、手が震えて箸もろくに持てない有様だった。
当然ギターなど弾けるわけがない。

スプレーで使うメインの指は、親指と人差し指(他の指はほとんど使い物にならない)だが、コレを毎日やってたら相当指力つくなと思った。

骨太なロックトーンを出したいなら、ギター練習するよりコレをやったほうが良い。
ずっと昔から思っていたことだが、やっぱり肉体労働者じゃなきゃ芯のある骨太な音は出せんやろ?と再確認した。

翌日、また根性で2回塗り分(残り15本)を吹きつけ、1、壁を白く吹き付ける作業を完了した。
心なしか?、初日より楽だった気がする。
もしかして、ちょっと指力上がったかぁ?。

画像


画像


Naoki

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
地獄の、2階リフォーム!! 植田尚樹のブログってる場合か?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる