植田尚樹のブログってる場合か?

アクセスカウンタ

zoom RSS ツイッター!!

<<   作成日時 : 2011/07/19 04:26   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 5

アイドルバンドをやっていた頃の古い東京の知人に唆されて、1週間前からツイッターをやり始めた。
これの面白さがイマイチ分からない。

”ツィッターは、時間作ってツィートする人間(目的ある人)と、有り余った時間にツィートする人間(目的無い人)のふたとおりの人間の公開チャットである”と誰かが言ってた。

有名人やネットワーカーが商用利用するのはよく分かる。
なんと言ってももタダでセールス告知出来るわけだから利用しない手はない。

これが前者の、”時間作ってツィートする人間(目的ある人)”ってヤツだろ?。

この手の宣伝ツイート(リツイート)は、興味のない者にとっては単なる迷惑ツイートに過ぎないが、テレビCMレベルの迷惑許容範囲だと思う。

しかし私は有名人でもなんでもない、タダの田舎のオッサンである。
宣伝(商用利用)したい行事(ライブ)や商品(音源)が頻繁にあるプロじゃないし、フォロアー(支援者や友達)が多数見込める人気者でもない。

以前、ミクシィで訳の分からんネットワーカーや、馴れ馴れしい頭の悪そうな若者からマイミク申請のメッセージが来て、何度も説教した覚えがある。

素性を明確に公表していないような怪しい人間と関わるつもりはない!、こっちは住所、氏名、年齢、職業、経歴、電話番号、顔写真まで全て公開してるんやから、まずはそっちが何者か?こっちに分かるようにちゃんと自己紹介してからマイミク申請するのが人間関係の筋ってもんやろ?ってね。

そしたら、ほとんど返信がなかった。
やたら親しげな口調でメッセージを送りつけて来るくせに、自分の素性は有耶無耶にするその神経が理解出来ない。

最近では、マイミク申請せずにナメた口調のごく短いメッセージだけ送りつけてきて、様子を伺う輩が増えて来た。
不特定多数の人間に同じメッセージを一斉送信して、獲物が引っかかるのを待っているのか?。

ただでさえ実像が見えないバーチャルで怪しい世界の繋がりなのに、そこで知り合う人間に対するあの失礼さ、礼儀、誠意のなさは一体なんなんだ!。

まるで、態度のでかい店員に腕を掴まれ、商品の説明もなくいきなり買ってくれ!と迫られた気分だ。

そうか?、やつらはキャッチセールスと同類だったのか?。
人間の尊厳や思いやりが欠落した、人の弱みに平気で付け込める最も卑しい人種と見た!。

あんな不愉快はミクシィで懲り懲りだったので、ツイッターでは後々の面倒を避ける意味で、私からフォローする条件”名前公開者(芸名可)のみ”ってハードルをプロフィール欄に表示した。

そしたらよく知ってる知り合いでさえ本名名乗ってないヤツが5人もいるじゃないか?!。
すかさず、名前を隠してる皆に”ちゃんと本名を名乗れ!”とメールを送りつけてやった。

数あるネット被害(誹謗中傷)、犯罪(詐欺)の根源は、この”匿名性”の無責任さである。
また数あるインチキネットビジネス、違法サイトの多くは、この匿名性を逆利用した無責任商売である。

本名を名乗れば自然とそこに公的なプレッシャーが圧し掛かり、無責任な発言や行動を自粛してしまうのが愚民の特質である。

それを隠すと言うことは、”私はココでは無責任に言動します!ココでやることは私には関係ありません、私とは別人ですから!”と言ってるのと同じである。

1週間やってフォロー11人、フォロワー14人、とてもじゃないが、”時間作ってツィートする人間(目的ある人)”に、私は当てはまる要素がない。

有り余った時間にツィートする人間(目的無い人)”って何だ?。

時間があるからやれるって意味で該当するし、目的は?と訊かれると答えられない。
ってことは要するに暇つぶし、私はコレか?。

しかし、目的無しにやって何が面白いのか?それもよく分からない。

ツイッターを勧誘した本人に訊いてみると、”面白さ?、まだ分かんないかもね?、もっとフォロワー増えれば段々面白くなってくるよ!友達探したり誘ってさ!”ってか?、そう言うお前フォロワー500人以上いるじゃねーかよ?!、オレはたった14人やで!、しかもこれ以上あんまり増えそうな気がせん!、オレはお前に騙されたんかい!。

そもそも公開チャットって何だ?。

携帯で数人同時(メールグループ)にメール送受信してやりとりするアレと似たようなモンか?。
アレはちょっと苦手だ。

こっちの用件を一斉送信できる機能はすごく便利だが、雑談風になってくるとつい傍観者になってしまう。
わざわざメール打ってまで積極的に雑談参入する気が起こらない、要するに面倒臭いんだ。

会える仲間なら会って雑談したほうがよっぽど楽しいし、ましてやどこの馬の骨とも分からんヤツ等と雑談なんてする気が起こらない。

オレは感覚がズレているのか?、それとも携帯を使い始めるのが遅かった分、人より遅れているのか?、まるで時代の流れに取り残されてしまった老人のような気分だ。

でもチャットはPC発祥だよな?、PC歴はそこそこあるがチャットの類はやったことがない、何が面白いのか?・・・結局、出会い系(コレもやったことがない)と同じようなエロを期待して皆やっているのか?、だとしたら悪用出来るようにならねばっ!(笑)。

うーん、ソーシャルネットワークって未だに何だかなーよく分からん?、おっ!ひとつ思い出した!、そう言えば昔”パソコン通信”ってやつがあった。

25年ぐらい前、当時、周りでPCを個人所有している者などほとんどいない、インターネットもまだ開放されてなかった時代の話だ。

爆風スランプの末吉さん(Dr)の家に遊びに行った時だったと思う。
彼がPCに向かって何やら楽しそうにブツブツ言いながらキーボードをチャカチャカ打ってた(メール打ってただけ)。
ただもうそれだけで何かマニアックな凄いことをやってるように見えた(笑)。

それ一体何やってるんですか?って訊くと、パソコン通信よ!知らんの?、会員契約しているメンバー同士で情報交換したり、メールのやりとりして友達の輪を広げてるんだよ!、面白いで!お前もやってみる?。

いやーパソコンなんて持ってないし・・そんなことして何か面白いんですか?、熱く語る彼の話を聞いても全くチンプンカンプンだった。

そもそも芸能人が顔も見えない一般人とコンタクトとって危なくないの?。
大丈夫!皆礼儀正しい大人ばっかりだし、この世界、やばいヤツはすぐ追放されるからな。
ふーん?そうなんですか???。

今考えると、当時のパソコン通信ってのはアマチュア無線の延長線上にある、いわゆる通信マニアとか、通信オタク同士の限られた大人の交流の場だったんだろうと思う。
PC画面も、文字だけだった気がする。

当然ネットビジネスはほとんど参入しておらず、携帯電話もなければポケベルも普及していないアナログな通信時代だった。

きっとそこには仲間内で個人情報を共有したり、意見交換したりする為のその世界特有のルールやモラル、礼儀やマナー、そして厳しい管理者が存在したに違いない。
でなければ会った事もない他人同士が顔も合わせないまま仲間と認め、安心して交流するなんて無理だろう?。

その後、彼は中国に渡りドラマーではなく、音楽プロデューサーとして名を馳せた。
宴会好きで先見の目があった彼のことだ、きっとインターネットが開かれてすぐに海外に友達の輪を広げたんだと思う。

当時の私はパソコンやパソコン通信には全く興味が湧かず、結局初PCメールを打つまでにそれから10年以上の歳月がかかった。

携帯電話の購入は比較的早いほうだった(95年購入)が、当時の携帯はメール機能なんてないただ感度の悪い持ち運び電話だった。

トイレに落として解約して以来、知らない間に携帯もどんどん進化して、持ってないやつなんていない時代になったが、それでも、メールはPCで問題ないし、ココからほとんど出ない生活をしている私には必要がなかった。
2年前、東京ライブに出かけることになって、ようやく携帯電話の必要性に迫られたのだ。

最初はメールが打てなかった・・というより打つスピードが遅すぎて全くついていけなかった。
あまりの返信の遅さに業を煮やした通信相手が、私が1通送信するまでに3通も返信を催促してくる有様だった。

だったら電話してこいよ!って話だが、使い慣れた者にとってはそれが普通のテンポ感だったのだ。

もうひとつ大きな違和感を覚えた。

PCメールとは何かが違う!、そう、携帯メールは、必要最小限の表現で素早く相手に用件を伝えること、あの小さな画面では脈絡のあるまともな文章を打つ気がしないってことだ。
故に、雰囲気重視の短いメールになる。

そう!、気軽に手短に親しげに要点だけを、話し言葉で伝える、ヘタすりゃ絵文字のほうが大事だったりする。
正しくチャットや、ミクシィのメッセージと同じ軽い感覚なのだ。

このブログを書いている途中、メールを開いたらミクシィからお知らせメールが来てた。
ちょうど面白いことに、知らないヤツからメッセージが届いているらしい。
メッセージを開いてみた。

タイトルが、”良かったら・・・”で、メッセージが、”(絵)仲良くしましょう(絵)”。

何じゃ?こりゃ!、この失礼なメッセージを見て、こいつはバカか?と苛立つ私の感覚はズレているのだろうか?。

相手のページへ行ってみた。

当然名前は公表していない。
写真もない。
コミュニティも参加していない。
日記すら書いていない。
マイミクも半分写真がなくてほとんど男。

姫路在住で39歳の専業主婦(2児の子持ち)らしいが、偉そうにネットワーカーや出会い系の人お断りしますってコメントしている。

お前が一番怪しいやろうがぁー!!。

オレとヤリたいんなら、はっきりそう言って3サイズ明記の上、顔と全身写真送ってこんかい!!。

オレの好みやったら、とりあえず1回はデートしてもエエ!、勿論ホテル代は折半でなっ!、その後仲良く出来るかどうかは分からん!。
言っとくけど、オレは女買う金も気もないよー!(笑)。

せっかくこのブログを書いている良い機会なので無視せずに、”あなたが、怪しい者ではないことを証明する何かを提示してください、その上で仲良くしましょう!”、と返信してやった。

怪しい業者の回し者なら、もう2度と近寄っては来ないだろうし、もし業者の回し者じゃなくて本当に私と仲良くしたがってる普通の専業主婦なら、当然このブログを読むだろうから、無礼をちゃんと詫びて来るだろう?(笑)。

あの馴れ馴れしい物言い、最小限の表現、まさしく身内に送る携帯メールや、無責任コメント投稿と同じじゃないか!。

これが現代のネット上で初対面の相手に対する普通の言葉のかけ方なんだとしたら、きっと私は25年前のパソコン通信の時代感覚で止まっている!。

ネットを通じて”友達の輪”なんか広がるわけないやろー!!。

画像


Naoki

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
相変わらずですね、植田さんは。ニシヤマです。ご無沙汰しています。以前からブログを書かれていることは知っていましたが、連絡をしても仕方がないと思い何もしませんでした。
4年ほど前に偶然に小島さんと千葉で会いました。千葉市で行われる祭りの司会のようなことをされていたと思います。
ギターに対しては真剣ですね、昔から。
nishi
2011/08/06 15:04
おおーっ!、西山君か?、懐かしいのう!。
僕はなんとか元気でやっています。
あっぺはラジオやってるから毎週千葉に行ってるんじゃないかな?。
西山君は今千葉に住んでるの?。
今年は2年ぶり、10/16に東京でライブやるから是非君にも観に来てもらいたいなー。
詳細はまたブログで告知します。

Naoki

naoki
2011/08/07 00:16
私もTwitterもFacebookも使いこなせないしお友達までしかプロフィールも公開してません。
うーん年のせいかしら?とりあえず日記は書いたりしてるけど。。。
みんな正直に書いてるのか?と疑ってしまうこともあるかも。。。顔も見れないしちょっと不安な私です。。。
るっちぃ
2011/08/07 21:05
物事には、建前と本音、事実と真実、があります。
それら全てに善意と悪意が共存しているのが正常な人間です。

なおき
Naoki
2011/08/08 03:03
チャット、ツイットぶった斬ってますね、面白かったです。
俺はメカ音痴なのでここらが限界です。
でも絵文字は使えるようになりました。
まつはし
2012/01/22 02:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
ツイッター!! 植田尚樹のブログってる場合か?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる