植田尚樹のブログってる場合か?

アクセスカウンタ

zoom RSS ハウスバンドCUE年末ライブ!(12/18)

<<   作成日時 : 2010/11/29 13:08   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

画像


夏の激暑ライブから4ヶ月弱、あっという間に秋が通り過ぎて、ハウスバンドの冬ライブが間近に迫ってきた。

日時:12月18日 19時オープン、19時半スタート
場所:サウンドステーション・ライブスペース
料金:2.000円(1ドリンク付)

EG:Naoki
KB:Miwa
EB:Emick
DR:Hirorin

おそらく、私にとっては今年最後のライブになるであろうと思われる今回のCUEライブ。
前回に引き続き、オリジナル全13曲を2セットステージでお届けします。

ハウスバンドの為に生まれた新曲4曲と、健康V樽の新曲ダブル・スタンダード、1年ぶりに演奏する風楽のセンチメンタル・ムーン、計6曲が夏のライブメニューと入れ替わる。

4ヶ月足らずで半分も曲を替えるっていうのは、プロのバンドなら考えられないことだが、それを無責任にやってしまうのもアマチュアバンドの自由なとこだ。

と言っても、ハウスバンドは元々カバーバンドとして始まったので、2年かかってようやく”ハウスバンド色”ってものが出せるオリジナルバンドに成長しただけのことなのだが・・・・。

しかし、前回のライブよりリハの回数及び準備期間が少なかったのに無理して盛り込んだせいで、演奏はまだバラバラ、皆個人練習をちゃんとしないとかなりヤバイ!、もしかしたらダメも?・・その時は御免なさい(笑)状態です。
あと20日ほどあるが、私自身、正味どれぐらい個人練習すれば何とかなりそうなのか?見通しが立たない。

何と言っても、今回は新曲用に新しい機材を導入して配線がかなり変わったので、その使い勝手やスイッチング等をマスターしなきゃならない。
立って弾く練習も必須みたいだ。

とりあえず新曲2曲分のデモ音源と、その曲用に購入したエフェクターを紹介しておこう。


●モンスター・ペアレント・ハンター●




ビジュアル系の高校生にギター教える為、011弦セットで1音半下げ&ドロップDチューニングにしたまま放置してあるエレキが1本あった。
弦を張り替えるのも面倒で、ビジュアル系ロックが好きな息子に最近まで貸していたのだが、実はこのギター67万円もするカスタム品。
別に弾きたかった訳じゃないが、やっぱり壊されたらたまらんので返してもらった。

その時、そのままのチューニングで遊んで弾いてたら1曲出来た。
このギターで曲が生まれたのは初めてかも?。
ビジュアル系の生徒と、息子のお陰か?。

*Boss Matal Core ML−2*(写真上部の小さいやつ)
画像


デモ音源は、アンプシミュレーターを使って録音しているので、大抵のトーンや歪みが出せるが、ライブで私が使ってるアンプとオーバードライブの組み合わせでは、こんなに歪んだ音が出せない。
お陰で、この1曲の為だけにディストーションを購入するハメになった。

常に使っている2つのオーバードライブは、拘ってそれなりに良いものを選んだが、1曲しか使わないディストーションにまで金はかけられない。
色々調べて試してみたが、この程度で十分だろうと判断した。
ヤフオク、5.500円で落札(相場10.500円)。


●マカロニ・ソウル●




明確なコンセプトなどなく、ただギターでメロディーとコード伴奏だけを録音した、スケッチ程度の音源が数曲寝かせてあった。
今回、16ビートの新曲を入れたくて、テンポ的にちょうどハウスバンドにマッチしそうなスケッチをチョイスして形にすることにした。

デモを作っている内に、60年代に流行ったマカロニウエスタンと、70年代に流行ったディスコ(ソウル)のイメージが湧いてきて、マカロニ風ソウル?、ディスコ風マカロニ?・・・うーん、ソウル・マカロニ?、いや、マカロニ・ソウル!これで行こう!ってことになった。

しかし、マカロニウエスタンって?、今時の若い子は絶対に知らんやろな?。
誰とは言わんが、私の近くにいる30代女性ですらマカロニが何たるか?全く知らなかったぐらいだから、ホンマに驚いた!。

映画はね、60年代はマカロニ、70年代はカンフー、が一世を風靡してたのよ!。
これぞ正しくオッサンの証明!ってか?(笑)。


*Line6 MM4−Stomp Box*(写真下部の青くてデカいやつ)

最初はマカロニテイストを出すために、コンパクトのトレモロを購入する予定だった。
単体エフクターでは調べた結果、グヤトーンのトレモロが理想的だったが、ヤフオクでは中古品がなく、7.300円だった。

他のを色々と検索していたら、Line6 MM4−Stomp Box中古5.000円ってのを見つけた。
モデリングデジタル機器だから多少音は細いが、トレモロ、ロータリー、フェイザー、コーラス、フランジャー、リングモジュレーター、ユニバイブ等、ほとんどのモジュレーション系エフェクトを内蔵していて、内4つのエフェクターを個別にメモリーできる(同時使用は不可)。

ライブでは単体エフェクター4台分に相当する便利でお得な代物だ。
中古とは言え、コレが5.000円?!(新品相場は29.000円)、早速ウォッチリストに追加した。
1万円前後なら絶対に買いだろ?。
結局、11.500円で落札した。

当初の予算を少しオーバーしてしまったが、オークションはどちらもベストな形で成功したので満足してる。


エフェクターが増えて、ケースがもう1つ必要になった。
馬鹿でかいスイッチングシステムのお陰で、今のケースにはもう何も入れられない。
どの道ケースが増えるなら、少しでも信号劣化を防ぐためってことで、随分昔使っていたバッファーアンプを再利用することにした。

これはエフェクトループとラインセレクター、ゲインブースターが1体になっていて、今では使っている者等見たことないが、25年前のスイッチングシステムにしては非常に良く出来た代物だと思う。
現在出回っているスイッチングシステムや、ラインセレクターに比べても引けをとらないんじゃないか?。

エフェクターが増えたので、エフェクターを繋ぐケーブルが必要になる。
はっきり言ってナメていた。
短いエフェクターケーブルは、選択肢がほとんどないのだ。

1本500円前後のショボいやつか、1本3.000円前後のやつか?。
今回必要になるのは4本だから、要するに、2.000円か?、12.000円か?。
この差はかなり大きい!、値段6倍にもかかわらず、音の差はエエとこ1.3倍ぐらいか?。

迷った挙句、楽器屋の店員に煽てられて、全く別のハンダ付け無しで簡単に好きな長さに自作できる新製品のケーブルキットをうっかり買ってしまった。
専用ケーブル2m(2.000円ぐらいか?)、専用プラグ(1.200円ぐらいか?)×8個。

画像


画像


画像


結局、今回一番高かったのは、エフェクターじゃなくてケーブルかも?。
ケースも合わせたら2万円超えてたんじゃないか?。

俺はケーブルを差し込んでケース収納する為に、エフェクターを買ったのか?。
まったく!、バカバカしいにも程がある!。

実は、楽器屋では、いつも1年分まとめてツケ払いで買うから値段がよく分からない、というより値段なんてちゃんと見ていない。
その場で現金を払わないから、つい気が大きくなって余計なものまでマイケル買いしてしまう(笑)。

年末、楽器屋から送られて来る1年分の請求書が怖い!。
おそらく借金しなきゃ年越せませんがなー!。
息子よ!、バイトで稼いだ金で俺のギターを買わないか?、ほんで、たまには貸してねっ!・・・週1ぐらい。

このブログを御覧の皆様!、どうか私を助けると思ってライブを是非観に来てちょー!。


Naoki

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
CUEハウスバンド”One Under The Sky”詳細!
ハウスバンドの記念CDアルバム”One Under The Sky”の詳細を追加掲載します。 ...続きを見る
植田尚樹のブログってる場合か?
2011/06/30 18:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 ライブ楽しみにしてまぁ〜す。

 新曲のマカロニソウル良いですね。
マッキー
2010/12/01 21:07
ありがとうございます。

昨日、腰を痛めまして・・・。
ライブ大丈夫なんかな?、立って弾けるやろか?心配っす!。
naoki
2010/12/15 23:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハウスバンドCUE年末ライブ!(12/18) 植田尚樹のブログってる場合か?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる